白髪染めをする前にパッチテストは必要?実際の方法まで詳しく解説!

パッチテストいう言葉はよく耳にする言葉だと思います。でも、その意味や方法などはきちんと理解されていないことも多いと思います。
この記事ではパッチテストはどういったものなのか、どのような方法で行われるものなのかを解説していきます。

目次

パッチテストとは

パッチテストは別名皮膚アレルギー試験と言います。
当サイトで紹介している白髪染めはトリートメントが主ですので、
商品によってはパッチテストの必要性がないと言われています。
しかし、敏感肌や一度アレルギーの経験がある方の場合はパッチテストをおすすめします。
パッチテストは染毛剤を使用する前に、ご自身で実施できるアレルギー検査です。
ご存知でしたか?
パッチテストは日本ヘアカラー工業会のホームページに記載があるように、
48時間前のテストがすすめられています。

考えてみてください!

白髪染めしたその日にかぶれやかゆみが出ることよりも、
次の日なんかに症状がでることが多いですよね!?

なので、48時間前にテストをするのがおすすめです。

パッチテストの方法

  1. 対象の染毛剤を腕の内側に綿棒を使用して、10円玉硬貨くらいの大きさに薄く塗り広げます。30分ほど放置し、乾くまで待ちます。このとき、乾かない場合はつけすぎです。コットンやティッシュでふき取ってください。
  2. その後、48時間放置します。万が一、48時間以内に皮膚異常が見られた場合はすぐに洗い落としてください
  3. 48時間後に異常がない場合はご使用してください。

意外と簡単にできますよね(^^)
面倒くささもありますが、頭皮にアレルギー症状がでることを考えると、そんなに手間ではないと思います。

パッチテストの皮膚異常

どんな状態になれば皮膚異常があるというのでしょうか?

皮膚異常とは、テスト部位に発赤、かゆみ、発疹(丘疹や水疱)、腫れなどを認めることです。
観察時間は塗布後、30分後と48時間後に観察します。
この時に異常があれば中止してください!
そして、その白髪染めの使用は控えるようにしてください。

この記事を書いた人

編集長のKeikoです。30代の半ばから白髪が増え始め、白髪染めをしないと恥ずかしいくらいになっていました。。でも白髪染めってめちゃくちゃ数が多くてどれを使えば良いのか分からず、気づいたら白髪染めを研究していました^^;主婦のリアルな声をお届けします。

目次
閉じる