白髪染めトリートメントに含まれている良い成分ベスト5

MENU

更新2018年4月1日作成

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

白髪染めトリートメントに含まれている良い成分ベスト5

白髪染めトリートメントには白髪を隠す染料だけでなく髪を保護するのに良い成分が入っています。

 

第5位アミノ酸の一種アスパラギン酸Na

ラウロイルアスパラギン酸Naと表記されることもあり、植物由来のラウリン酸が原料のアミノ酸です。アミノ酸系シャンプーにも洗浄剤として配合されることがありますが、トリートメントにおいては頭皮の角質層に潤いをもたらす成分として健康な髪の毛の生成を促進します。血行を良くすることも髪の毛や頭皮に十分な栄養を供給することに役立っています。中性なので刺激が弱く頭皮環境が悪化している人や元々肌が弱い人が使っても安全です。トリートメントは成分が残ってしまうと肌トラブルを引き起こすことがありますが、アスパラギン酸Naは髪の毛に残りにくくすすぎ残しを防ぐことができます。

 

第4位マッサージにも使われるホホバオイル

ホホバオイルはヘアケアのためにシャンプーやトリートメントに混ぜるという人もいますが、始めから配合されている白髪トリートメントもあります。ホホバオイルが髪を保護するのは主成分のワックスエステルが関係しています。ワックスエステルは人間の皮脂と構造が似ているため、頭皮や髪の毛に浸透しやすく高い保湿力を発揮します。油分を補うためベタつくと誤解を招きやすいですが、浸透率が高い成分はベタつかずさらっとしているのが特徴的です。乾燥してパサパサになった髪の毛にホホバオイルを浸透させれば、ドライヤーの熱ダメージも問題ありません。毛穴に詰まった汚れを落とす力もあるため、フケのない清潔な頭髪を維持できます。

 

第3位実は危険な成分ではないミネラルオイル

ミネラルオイルとは日本語で鉱物油を意味しており、無添加のヘアケア製品が人気の現在ではあまり良くない成分として認識している人が多いです。しかしミネラルオイルがトラブルの原因になっていたのは昔の話で、品質維持が重要視される現在では髪を保護する良い成分と考えられます。かつてのミネラルオイルには不純物が混ざっていたので油焼けを引き起こしていましたが、今は精製技術の向上により不純物が一切混入せず安全です。むしろ脂肪酸を含まないことから酸化の心配がなく、きちんと精製されたミネラルオイルは自然由来の成分より安定しているといえます。頭皮や髪の毛の表面に膜を生成しダメージから守ります。髪の毛から水分が蒸発するのを防いで柔らかくするので、手触りが良くなります。乾燥を防いで柔らかくするのは頭皮においても同じで、白髪を根本的に改善することも期待できます。頭皮が硬いと血行不良により栄養が届かなくなり白髪が生えやすくなります。頭皮を柔軟にして髪の毛にたくさんの栄養を届けることは白髪予防に効果的です。

 

第2位髪の毛の元となるイソロイシン

イソロイシンはサトウダイコンから見つかった成分で必須アミノ酸の1つです。またケラチンタンパク質でもあり、髪の毛を生成する時の材料となります。どんなに髪の毛に潤いを与えても原料が不足すればツヤが無くなるどころか、抜け毛が増えるようになります。食べ物からも摂取できますが、トリートメントで外部からも補うことで美髪を手に入れられます。またイソロイシンには長く保湿力が続いたり新陳代謝を促して細胞の再生を速めたりする働きもあり、乾燥によるダメージを改善したい人に適しています。ロイシンという同じ必須アミノ酸がありますが、この成分もイソロイシンと同じような働きを持つため一生に配合されていることが多いです。どちらも副作用はなく頭皮や髪の毛の滑らかにしてくれます。

 

第1位現在の化粧品によく配合されているスクワラン

スクワランは敏感肌の人にも安心なオイルというイメージが強く、ヘアケア商品にもよく配合されるようになりました。従来はサメの肝油を使用していましたが、大豆油やオリーブオイルなどを組み合わせて作るスクワランの方が刺激がありません。サメの肝油に含まれるスクワレンは不飽和炭化水素なので酸化しやすいです。スクワランは成分が安定しており、普通の白髪染めトリートメントで痒みが出る人も使える可能性があります。スクワランは天然の保湿剤と呼ばれるほど保湿効果が高く、毛先にしっかり浸透させれば切れ毛を防止します。もともともスクワランは汗を混ざることで皮脂膜を生成しますが、入浴中は頭皮の毛穴からたくさん汗が出ているので頭皮の潤い補給がスムーズに行われます。殺菌効果もあるため髪の毛や頭皮のニオイが気になっている人も、白髪を染めながらさりげなくニオイ対策ができます。

 

白髪染めトリートメントの良い成分のまとめ

最近は生活習慣の乱れなどで若くても白髪が目立つ人が増えています。アルカリ性の薬剤を使った一般的な白髪染めはダメージが大きく、白髪ケアをしたことでパサつきやツヤの無さが悩みになることもあります。白髪を隠す時は髪を保護する成分をたっぷり含んだ専用のトリートメントを使用することで、しなやかで美しい髪の毛を作れます。

★当サイト総合人気記事ランキング★

  当サイトでの人気の白髪染めトリートメントをランキング形式で記載しています!TOP1は!?
  新発売のマイナチュレカラートリートメントの染まり具合【オリジナル画像あり】・口コミ評判を検証し、お得に購入する方法や副作用、当サイト独自情報を掲載しています。
  マイナチュレカラートリートメントは現在2色発売です。ブラウンとダークブラウンの染まり具合の違いって気になりますよね?そんなお悩みを解消するために2つのカラーを徹底比較しております。
  マイナチュレカラートリートメントは現在初回生産終了し、予約販売になっています。でも予約販売ってなんか不安ですよね?そんな不安を解消するために電話調査してみました。
  ルプルプヘアカラートリートメントには良い口コミ悪い口コミどちらもあるのが現状です。その口コミを独自の視点で解説しています!