市販の白髪染めをおすすめできない3つの理由

MENU

更新2018年3月19日作成

市販の白髪染めをおすすめできない3つの理由

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

口コミや評判で少し調べれば市販の白髪染めヘアカラーは、痒みやかぶれなどといった症状に悩んでいる人がたくさんいるのがすぐにわかると思います。
もちろん全員が全員、同じ症状になると言うことではないですし、市販のヘアカラーを全否定する気もないですが、やはり敏感肌の人やかなり使い続けている人などは、こうした不快な悩みに捕らわれてしまうことが多いようです。なぜ、市販の白髪染めをおすすめできないのか説明していきます。三つの点があります。

 

悪い成分がかなり含まれている@ジアミン

ほとんど市販の白髪染めの成分表を見ると、2剤式の永久染毛剤の場合は、「ジアミン」という物質が使われています。成分表ではジアミンではなく「パラフェニレンジアミン」とか「パラトルエンジアミン」という風に表記されています。2剤式の1剤に含まれていてジアミンは2剤と混ざることで化学反応が起きて酸化を促して髪に色を付ける酸化染毛剤なのです。でもこれが人の皮膚に反応してしまうと、かゆみやかぶれ、それから赤らみなどが起きてしまう原因となります。
染毛剤が付着した場所に紅斑などができて、頭皮はもちろん頸部や腹部などにまで広がり、かゆみが出たり腫れ上がってしまうという例も報告されています。場合によってはアレルギー反応によりアナフィラキシーショックというものを起こしてしまい呼吸困難などをもたらす場合があります。
パッチテストを行うような注意書きが必ずあると思いますが、それで調べているものというのはまさにジアミンとその人の肌との相性なのです。テストで平気だったとしても使っているうちに何か異変を感じたらすぐにやめるようにしなければいけません。再生不良貧血を引き起こす可能性もあるという話もあります。
髪のキューティクルを壊しながら危険な化学薬品を使った物で髪内部に色をつければ、湿疹やぶつぶつなどの原因になったり、なりなかなか治りにくい皮膚の病気と常に隣り合わせであることに注意が必要です。

 

悪い成分がかなり含まれているA過酸化水素水

二つ目の悪い成分は過酸化水素水が含まれていることです。
これを反応させて活性酸素をたくさん作り、色を定着させる仕組みなのですが、オキシドールの一種でオキシ過酸化水素水は蓄積していく性質があり頭皮にとどまってメラニン色素などが過剰に発生させてしまう危険性があります。
紫外線なども肌に活性酸素を発生させるために、しみの原因などになっていることを聞いたことがあるかもしれません。過酸化水素水は色を定着させるために積極的に活性酸素を生成させます。実際、過酸化水素は殺菌剤や漂白剤などとしても使われていて、その点も考えるとやはり安全な成分とは言い難い事が分かるかと思います。
また過酸化水素水はどんどん蓄積していく性質があるので、これでメラニン色素などを起こしてむしろ白髪を増やしてしまう原因にもなり得ます。さらに他の皮膚の場所などに着くと活性酸素のせいで乾燥肌になりやすくなりやすく、髪が傷むのです。毛が細くなって薄毛の原因になってしまう可能性さえあります。白髪が増えたり気が弱くなってしまったように感じた人は、そういった白髪染めの悪い成分のせいであることを疑った方が良いでしょう。

 

うまく染まらない

また市販の白髪染めの場合はうまく染まらないということが問題としてあります。
実際、美容師などといったプロが染色を行う場合は、もちろん地肌に薬が付着しないように極力気をつけながら作業を行います。頭頂部や後頭部などといった見えない部分などに関しては一人で行うとかなり大量にそう言った悪い成分を地肌につけてしまうことになるのです。
素人が一人で白髪染めを行う場合は、よく見えないのでかなり地肌を傷つけてしまうのです。
また美容室の場合は頭皮赤みを専門剤でアルカリ性になっていってしまったものをしっかり酸性に戻すなどといった処理も豊富で、しっかりと頭皮や髪のケアを行っているものです。
それを自分一人で行おうとするのは事実上不可能であり、もちろんうまく染めることはできません。それどころか頭皮などを傷つけてかゆみやかぶれを起こしてしまうかもしれないのです。白髪が目立つのが恥ずかしいからと思って、かなり頻繁に週一ペースなどで使い続けて髪の毛をどんどんダメージを蓄積させてしまう人もいます。

 

市販の白髪染めをおすすめできない3つの理由のまとめ

以上、市販の白髪染めヘアカラーのデメリットです。「ジアミン」と言った成分、それから「過酸化水素水」といった成分が、人体にとって良くない影響を及ぼすのでおすすめできません。また一人で行うとうまく染められないという点もおすすめできない理由です。やはり美容室などへ行き、プロに染めてもらうようにしましょう。そしてうまく染まらないだけに、何度も何度も使うことになります。綺麗に染まった感じがしてもやはり後頭部などには村が出てしまいます。それで使用頻度があがり、結局その分だけお金もかかってしまいますし、悪い成分をどんどん地肌や髪に付着させてしまうことになるのです。
美容室に行く時間やお金が無い時におすすめなのが、白髪染めトリートメントという商品です。白髪染めトリートメントは美容成分が多く含まれており、髪も傷めず、頭皮にも優しいです。試してみる価値はあると思います。
>>白髪染めトリートメントランキングはこちら

白髪染めトリートメント4コマ漫画

白髪染めトリートメントへジャンプ

★当サイト総合人気記事ランキング★

  当サイトでの人気の白髪染めトリートメントをランキング形式で記載しています!TOP1は!?
  新発売のマイナチュレカラートリートメントの染まり具合【オリジナル画像あり】・口コミ評判を検証し、お得に購入する方法や副作用、当サイト独自情報を掲載しています。
  マイナチュレカラートリートメントは現在2色発売です。ブラウンとダークブラウンの染まり具合の違いって気になりますよね?そんなお悩みを解消するために2つのカラーを徹底比較しております。
  マイナチュレカラートリートメントは現在初回生産終了し、予約販売になっています。でも予約販売ってなんか不安ですよね?そんな不安を解消するために電話調査してみました。
  ルプルプヘアカラートリートメントには良い口コミ悪い口コミどちらもあるのが現状です。その口コミを独自の視点で解説しています!