美容室のようなカラーリングを自宅で一人で上手に行うコツを紹介!

MENU

更新2018年5月30日作成

発売後たった5日で完売したマイナチュレカラートリートメントのブラウンの通常購入が再開!!ブラウンは6月下旬の再販で現在予約受付中!第2回生産も売り切れになることが予想されますので早めにご注文を! 当サイトではマイナチュレカラートリートメントの染まり具合・口コミを検証済 マイナチュレ カラートリートメントの「実際に染めてみました!マイナチュレカラートリートメント染まり具合・口コミ評判は?」をご確認ください。

美容室のようなカラーリングを自宅で一人で上手に行うコツを紹介!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

お手軽でお財布にも優しい自宅でのセルフカラーリングですが、効率よくできない・ムラができる・根元だけ明るくなる・・等、色々な悩みはありませんか?
海を見つめる女性

 

私は胸下までのロングヘアーです。

 

自宅で白髪染めトリートメントを使っていますが、上手に染料を塗り進められずイライラしたり、時間がかかりすぎてしまったり、ムラがあり仕上がりに不満を持ったりなど多くの悩みを持っていました。

 

そこで、どうにか効率よくキレイに染められないかと思い色々と調べたり聞いたりしたことをここで紹介したいと思います!

 

自宅でカラーリングされている方の満足度がこの記事によって少しでも上がればいいなと思います。

 

セルフカラーリングのこつ【目次】
準備すべきもの
カラーする前の下準備
染める際の注意点

【準備すべきもの】

  • カラー剤、カラートリートメント剤
  • ビニール手袋(百均などでも購入可)
  • 紙エプロン(なければゴミ袋をはさみで切って代用可)
  • コーム(なければ使い捨ててもいいクシ)
  • ヘアークリップ(汚れるのが嫌な場合はゴム・輪ゴムでも可)
  • 保湿クリーム(油分の多いクリームがおすすめ!ワセリン等オイル系も○)
  • 鏡(全身が映るものの方がおすすめ!服などに付いてもすぐに確認できます)
  • イヤーキャップ(耳にラップを巻きつけても○)
  • 要らないタオル(とっさの塗料付着に便利)
  • シャンプーハット(染めた後時間を置く時にあると便利)

【カラーする前の下準備】

1.髪に整髪料をつけている場合はキレイに洗い落としましょう

→整髪剤が髪に残っていると染まりが悪くなったりムラの原因になります。
   そして少しでも髪の毛が傷むのを防ぐためにシャンプードライヤー後すぐのカラーリングは避けましょう!シャンプーをした後の髪は頭皮・髪の細胞はとても繊細でデリケートな状態です。そこに刺激を与えてしまうとより髪が傷んでしまうだけではなく頭皮が荒れるなど様々なトラブルの原因になります。セルフカラーを行う際には前日にシャンプーを済ませてから整髪剤を付けていない状態で行うようにしましょう。

 

2.使用するカラー剤の説明書に沿った髪状態でカラーリングを行いましょう

→カラー剤は濡れた髪に使用する商品と乾いた髪に使用する商品があります。
 指定される髪の状態には意味があります。乾いた髪に使用した方が染まりやすい配合になっている商品を濡れた髪に使用してしまうと塗料が薄まってしまって染まりが悪くなったり髪の毛が傷む原因にもなるので注意しましょう。何も指定がなければ、個人的には濡れた髪の方が塗りやすく量も少なめで染められるかも・・

 

3.髪をクシでとかしてからブロッキングをしましょう

→効率よく染める為に、まずは髪の絡まりをクシでとき、髪の毛を4〜5分割しましょう。

 

ロングヘアーの方は特にこの下準備が効率よくキレイに染める為には大事です。

 

ブロッキングは以下4〜5分割です。クリップもしくはゴム輪ゴムで止めて。

  1. 前髪
  2. 左右両サイド
  3. バック上
  4. バック下
  5. 毛量の多い人はバック中

 

4.生え際に保湿クリームを塗りましょう

→染料が顔に付くと色素が付着してしまったり肌荒れの原因にもなります。
 耳前から生え際に沿って保湿クリームで保護すれば色素の付着も恐くありません。また、髪の毛にクリームが付いてしまうとその部分が染まりにくくなったりムラの原因にもなるので、生え際1cmほど空けて塗ると安心です。

【染める際の注意点】

1.えりあしから染めましょう

→染める際はブロッキングした下から上(えりあし→後頭部→左右両サイド→前髪)に向かって染めていくとスムーズです。ブロッキングした髪を外しながら根気よく染めていきましょう。また、色の入りにくいえりあしから染め始めるといいでようです。基本的にカラー剤は髪の根元から毛先に向けて塗りますが、えりあしに関しては一番染まりにくい根元部分をしっかり染める為に根元から上向きに塗ります。
その後は根元から毛先に向けて塗り進め全体に馴染ませます。

 

2.室温調節しましょう

→基本的にカラー剤は高い温度に強く反応するものが多く、頭が熱すぎたり室温が高いと染めている間の時差でムラになりやすくなります。適温は20〜25度です。

★当サイト総合人気記事ランキング★

  当サイトでの人気の白髪染めトリートメントをランキング形式で記載しています!TOP1は!?
  新発売のマイナチュレカラートリートメントの染まり具合【オリジナル画像あり】・口コミ評判を検証し、お得に購入する方法や副作用、当サイト独自情報を掲載しています。
  マイナチュレカラートリートメントは現在2色発売です。ブラウンとダークブラウンの染まり具合の違いって気になりますよね?そんなお悩みを解消するために2つのカラーを徹底比較しております。
  マイナチュレカラートリートメントは現在初回生産終了し、予約販売になっています。でも予約販売ってなんか不安ですよね?そんな不安を解消するために電話調査してみました。
  ルプルプヘアカラートリートメントには良い口コミ悪い口コミどちらもあるのが現状です。その口コミを独自の視点で解説しています!