パッチテストは必要?

MENU
 このエントリーをはてなブックマークに追加 
あの「マイナチュレ」から新常識!4つのケアができる白髪染めトリートメントが3月1日に発売されました!好評予約受付中!売れすぎて初回生産終了しています。次回生産も売り切れになることが予想されますので早めにご注文を! 当サイトは先行入手し染まり具合を検証済 マイナチュレ カラートリートメントの「実際に染めてみました!マイナチュレカラートリートメント染まり具合・口コミ評判は?」をご確認ください。

パッチテストは必要?

目次
パッチテストとは
パッチテストの方法
パッチテストの皮膚異常

 

パッチテストとは

パッチテストは別名皮膚アレルギー試験と言います。
当サイトで紹介している白髪染めはトリートメントが主ですので、
商品によってはパッチテストの必要性がないと言われています。
しかし、敏感肌や一度アレルギーの経験がある方の場合はパッチテストをおすすめします。
パッチテストは染毛剤を使用する前に、ご自身で実施できるアレルギー検査です。
ご存知でしたか?
パッチテストは日本ヘアカラー工業会のホームページに記載があるように、
48時間前のテストがすすめられています。

 

考えてみてください!

 

白髪染めしたその日にかぶれやかゆみが出ることよりも、
次の日なんかに症状がでることが多いですよね!?

 

なので、48時間前にテストをするのがおすすめです。

 

パッチテストの方法

  1. 対象の染毛剤を腕の内側に綿棒を使用して、10円玉硬貨くらいの大きさに薄く塗り広げます。30分ほど放置し、乾くまで待ちます。このとき、乾かない場合はつけすぎです。コットンやティッシュでふき取ってください。
  2. その後、48時間放置します。万が一、48時間以内に皮膚異常が見られた場合はすぐに洗い落としてください
  3. 48時間後に異常がない場合はご使用してください。

 

意外と簡単にできますよね(^^)
面倒くささもありますが、頭皮にアレルギー症状がでることを考えると、そんなに手間ではないと思います。

 

パッチテストの皮膚異常

どんな状態になれば皮膚異常があるというのでしょうか?
皮膚異常とは、テスト部位に発赤、かゆみ、発疹(丘疹や水疱)、腫れなどを認めることです。
観察時間は塗布後、30分後と48時間後に観察します。
この時に異常があれば中止してください!
この場合は、ご使用を控えるようにしてください。

 

 

 

★当サイト総合人気記事ランキング★

  当サイトでの人気の白髪染めトリートメントをランキング形式で記載しています!TOP1は!?
  新発売のマイナチュレカラートリートメントの染まり具合【オリジナル画像あり】・口コミ評判を検証し、お得に購入する方法や副作用、当サイト独自情報を掲載しています。
  マイナチュレカラートリートメントは現在2色発売です。ブラウンとダークブラウンの染まり具合の違いって気になりますよね?そんなお悩みを解消するために2つのカラーを徹底比較しております。
  マイナチュレカラートリートメントは現在初回生産終了し、予約販売になっています。でも予約販売ってなんか不安ですよね?そんな不安を解消するために電話調査してみました。
  ルプルプヘアカラートリートメントには良い口コミ悪い口コミどちらもあるのが現状です。その口コミを独自の視点で解説しています!