妊娠初期・妊娠中の白髪染めは本当にいけないの?

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠中の白髪染めは無添加・無香料がオススメ

妊娠時期でも白髪は気になるものです。
そのまま放置しておくと老けて見られたりオシャレができなくなることにも繋がっていきます。
本当に白髪染めがいけないのか不安になると思います。

 

結論から言えば問題ないとされており、

 

妊娠時期のオススメの白髪染めは、無添加・無香料の白髪染めです。

 

まず口コミを見ていきたいと思います。

  • もともと白髪が多く、妊娠してから一度も染めていないおかげで、頭が大変な事になっています。年齢の割に白髪があまりにも多いので、それがストレスを更に増やしています。
  • 白髪染めに使われる化学物質が妊婦を通じて、胎児に悪影響を及ぼして先天性の疾患につながらないか心配です。
  • 美容院で断られた事があります。白髪は日に日に増えていくので気になりますが、やらないようにしています。

 

口コミを見ていますと様々な心配があるようです。

 

白髪があると老けて見られたり、疲れている印象に見られますよね。

 

妊娠中に白髪が増える原因と対策

オシャレも楽しめなくなってしまうこともあるので、白髪染めをする方が多いですが、妊娠中に逆に白髪が増える事もあります。

 

妊娠中に白髪が増える原因

  • ホルモンバランスの乱れ
  • ストレス(活性酸素の増加)や血行不良
  • 栄養不足(妊娠中は食べれないものもあります)

これらが原因で髪に栄養が行き渡らなくなるのです。

 

妊娠中は、赤ちゃんに栄養を送るのが優先されるので、白髪になりやすい傾向にあります。

 

白髪染めをするなら、低刺激性のものを選ぶようにしましょう。

 

オススメの白髪染めは無添加・無香料です。

 

強い成分や薬剤を使用した白髪染めは、頭皮にも髪にもダメージを与え、刺激臭もあるので、つわりの有無に関係なく、体調が変化しやすい妊婦さんは気分が悪くなってしまう可能性もあります。

 

ホルモンバランスの乱れによって、肌が敏感になってしまうこともあるため、白髪染めによって頭皮がかぶれるケースもあるので、優しい成分のトリートメントタイプの白髪染めや無添加を選んで使用するといいでしょう。

 

妊娠初期は、とても大事な時期なので、白髪染めで刺激を与えるのは良くありません。刺激のある白髪染めは使用を控えるべきです。

 

念のため美容師にも聞いてきました。

実際に私も本当に「妊娠中、白髪染めがいけないのか」を何人かの美容師に聞いてきましたが美容院では断ることはないそうです。
何年か前まではパーマも含め刺激性の強いものしかなかったため断ることはあったみたいですが、
今では色んな種類の商品が出ていますし、医学的にもほとんどそういったダメな声は上がっていないみたいです。

 

どうしても気になる方へは、優しい成分の白髪染めを使うことはもちろんですが、頭皮につけないようにしているとの事でした。

 

結局は問題ないとの事ですが、やはり長時間、同じ体勢で過ごすことになるので、お腹が大きい妊婦さんはキツイと思うので、美容室での白髪染めはお腹が大きくなる前にするべきですが、逆に自宅でなら、好きな体勢で過ごせるから安心です。

 

 

肌に優しい成分なら妊娠中でも白髪染めはできる

妊娠中に白髪染めをするなら、肌に優しい成分を使用しているトリートメントタイプの白髪染めがオススメです。
白髪染めをしないわけにいかない。
でも強い刺激がある白髪染めは使いたくない。
天然染料を使用した白髪染め用のトリートメントがあるので、試しに使用してみるといいでしょう。
お腹の赤ちゃんを心配して白髪染めをしない方もいますが、トリートメントタイプの白髪染めなら安心です。

 

※妊娠中の女性は敏感になっていますので、使用前に必ずパッチテストをしてください。