白髪が生えてきた時は何色に染めれば目立ちにくい?

MENU

更新2018年3月19日作成

白髪が生えてきた時は何色に染めればにすれば目立ちにくい?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

髪が白くなるのは、加齢だけが原因とは限りません。紫外線からのダメージを常に受け続けていることでも色素細胞が衰えたり損傷して白髪になってしまうのです。
髪の毛や頭皮・内臓へのダメージから誘発されることも、稀にですがあります。

 

私たちの身体を作るのは普段の食生活です。髪の色をつくる色素・メラニンを作り出すヨードを含む海藻類やメラニンの原料を作るためにもチロシンを意識して摂取するようにしましょう。
からしや香辛料といった辛い食材は取り過ぎないことがおすすめです。
辛い食べ物は血液を薄くすると言われています。血液循環を改善し栄養が行き届くためには頭皮マッサージを続けるのも効果的です。

 

とはいえ、食事の改善や頭皮マッサージによる効果は即効性はありません。
もちろん続ける方が良いですが、できればすぐに白くなった頭髪をどうにかしたいというのが本音でしょうし、年齢を重ねていけばどんなに気をつけていても髪の毛にも衰えは出てくるもの、カラーリングをしてみませんか。白髪染めというと加齢を感じるのでカラーリングと言ってみました。
白髪が目立つと一気に老け込んで見られてしまいます。そうならないためにもお手入れしましょう。

 

最近ではスーパーやドラッグストアに行けば様々なカラーバリエーションの商品が揃っています。
でも、自分で染めるのは自信が無い・面倒だというのであれば美容院でやってもらうこともできます。ただ、自宅で使用するような商品の場合、どんな髪質や髪の状態でも染まるようにと脱色作用が強いのです。アルカリ剤がたっぷり配合されており、使用することでキューティクルがしっかりと開き、過酸化水素がメラニン色素を分解します。その上で酸化染料という溶剤が髪の奥深くまで浸透することになるのですが、酸化染料であるフェニレンジアミン・パラフェニレンジアミンなどにはアレルギー性接触皮膚障害・呼吸困難・発がん性など副作用の報告があります。もしも妊娠中に使用した場合には生まれた子どものガンの発症率が10倍は高くなると言われています。髪の毛を染める行為をあまり頻繁にやりすぎると髪の毛にあまりよくないというのは皆が実感しているでしょうが、健康面でも危険が多いので、できるだけ回数を短くしましょう。
一般的な白髪染めやヘアカラーは健康的にも髪にもあまり良くないので、自分で白髪を染めたい場合には白髪染めトリートメントがおすすめです。
>>白髪染めトリートメントのおすすめランキングはこちら

 

ですが、白髪が目立ってきてもそのまま放置しているのは見た目が良いとは言えません。老けて見られますし、清潔感にも欠けます。
自身やお腹の中にいる子供を守るためとは言っても社会人としては人目も気にしたいところ、それならできるだけ染める回数が少なくなるようなカラーにすればいいのです。

 

最初のうちはたった数本しかない白髪、それでいて目立つのは元の髪の色と差があるからです。若い頃は黒髪つややかな日本的美人さんほど、ちょっと白髪が増えてきただけでも一気に老け込んで見られてしまいます。それよりは、地毛が明るく黒よりも茶色っぽい方の方が目立ちにくいものです。今は真っ黒な髪の毛こそが美人の証とは言われていません。むしろファッションの一つとして髪の毛を染める方が大半です。
せっかくならただ単に白髪を染めるというよりも髪の毛全体を明るめの色にして、元々の髪の毛の色の方を白髪に近づけてみてはいかがでしょうか。
それならそれほど目立たなくなりたとえ新しく生えてきても目立ちにくくしばらくはそのままで大丈夫になるのです。

 

おすすめはブラウンダークブラウンです。元々の色の明度を上げて白髪に近づけましょう。元々の髪の色が近づくと、白髪の方も茶色っぽく見えるようになります。
ブラウンとダークブラウン、どちらが良いかですが、顔色や顔のかたち・瞳の色なども参考にしてください。
同じブラウンでも色白さんは明るめ色黒さんは暗めの色が似合います。
逆にしてしまうと、色白さんだと顔が白浮きしてしまうし、色黒さんなら髪の毛だけが不自然に明るくなって目立ってしまうのです。
丸顔で穏やか系の顔立ちなら明るめ涼しげな顔立ちには暗めが、黒っぽい瞳の色だと暗め茶色に近い瞳の色だと髪の毛だって明るめにした方が自然なのです。
瞳の色に関しては決して地の色で選ぶのではなく、カラコンを常用している方ならその色を参考にするようにしてください。

 

髪の毛を明るくすると顔立ちもぱっと明るくなるので若々しく見えます。ただ、ある程度の年齢になった方が明るすぎる髪の毛だと若作り感が前面に出てくるので返って老けさせる印象になります。30代後半から40代くらいになると真っ黒は白髪も目立つのですが、ほどほどの明るさまでで抑えておきましょう。なので、アラフォー世代はダークブラウンが良いと私は思っています。アラサー世代はブラウンがおすすめです。20代でもストレスを溜める毎日を送る現代人の中には若白髪に悩む方も、そういった方は明るめの髪色で気持ちも若く明るくいられるようにするとよいでしょう。
>>白髪染めトリートメントカラー一覧ページはこちら
>>白髪染めカラーを選ぶのに参考になるパーソナルカラーはこちら

 

その他にも、髪の質感や太さ・白髪の量などによってもおすすめのカラーは違ってきます。たまには美容院に行ってプロに染めてもらうことも考えてみてください。
自身に合う色で、しかも目立ちにくい色を知っておけば、そうたびたびカラーリングする必要はなくなります。

白髪染めトリートメント4コマ漫画

白髪染めトリートメントへジャンプ

★当サイト総合人気記事ランキング★

  当サイトでの人気の白髪染めトリートメントをランキング形式で記載しています!TOP1は!?
  利尻ヘアカラートリートメントの染まり具合【オリジナル画像あり】を独自の方法で検証し、ネットでの口コミ評判を徹底解説しています。
  新発売のマイナチュレカラートリートメントの染まり具合【オリジナル画像あり】・口コミ評判を検証し、お得に購入する方法や副作用、当サイト独自情報を掲載しています。
  マイナチュレカラートリートメントは現在2色発売です。ブラウンとダークブラウンの染まり具合の違いって気になりますよね?そんなお悩みを解消するために2つのカラーを徹底比較しております。
  ルプルプヘアカラートリートメントには良い口コミ悪い口コミどちらもあるのが現状です。その口コミを独自の視点で解説しています!