トリートメント効果を高める髪の乾かし方

MENU

更新2017年11月7日更新

このエントリーをはてなブックマークに追加

トリートメント効果を高める髪の乾かし方

髪の乾かし方
実は髪を綺麗に保つには、当サイトで紹介しているトリートメントなどの髪を守るために使用する商品以外にもあります。

 

それは、髪の毛を乾かす方法です。

 

私たちの年代の方々は、髪を乾かすためにドライヤーを使用します。

 

自然乾燥という方法も確かにありますが、自然乾燥だと湿った状態になる時間が長くなり、雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。
そのため、髪はしっかりと伸ばしながら乾かすことにより、朝も楽になります。

 

髪の性質をお伝えしますと、髪は冷やすとキューティクルが締まって固まり、温めると柔らかくなります。

 

では、頭皮にダメージを与えずに、ふんわり、そしてツヤツヤの髪になる乾かし方を紹介します。

 

1. 髪はタオルで挟み、頭皮は拭くイメージです

まずは全体的にタオルで押さえて、水分をふき取ります。そして、頭皮を拭くようにします。ここで、強く拭きすぎないことがポイントです。
つぎに、髪の水気はタオルで挟むように拭き取ります。

 

2. 髪を保護するために、オイルをつけます。

ドライヤーの熱から髪を守るために、ヘアオイルをつけます。ヘアオイルには髪をコーティングし、潤いを閉じ込める効果があります。髪のパサつきをケアしてくれます。
このヘアオイルのつけ方にもコツがあります。
全体的につけたい気持ちは変わりますが、傷みの多い部分のみつけるようにしましょう。特に、前髪、根元、頭皮はペタンとなってしまうので、避けるようにしましょう。

 

3. 根元から乾かしはじめます

水分が残りやすい頭皮から素早く乾かします。根元からかき上げるように、15〜20p離したところから、ドライヤーの熱を当てます。

 

4. 次は髪全体に風をあてます

ふんわりと仕上げるには根元の髪を上げ、さらに毛の流れと反対方向に温風→冷風をあてるのがポイントです。

 

5. ツヤを出す

髪のツヤを出したいときや、うねりが取れないときは、ドライヤーを斜め上(40°くらい)から、15〜20p離して当てます。

 

6. 冷風をあて、スタイルをキープする

最後に、4.5の後に、すぐに冷風を当てることで、スタイルキープが可能になります。
ポイントは冷風を髪全体に当てることです。

 

上記のような方法で髪を乾かすことにより、さらにトリートメント効果を発揮できると思いますので、ぜひご参考にしてください!

★当サイト総合人気記事ランキング★
  当サイトでの人気の白髪染めトリートメントをランキング形式で記載しています!TOP1は!?
当サイト人気NO1のルプルプを実際に使用したレビューを記載しています!
ルプルプには良い口コミ悪い口コミどちらもあるのが現状です。その口コミを独自の視点で解説しています!

市販で購入できる白髪染めトリートメントランキング

意外と人気がある市販で購入できる白髪染めトリートメントをランキング形式で記載しています!Amazonで買う方が意外と安かったりして!?

白髪染め トリートメントはどこで買うのがお得?

人気の白髪染めはどこで購入するのがいいのか?Amazon?公式サイト?楽天?それぞれの価格を記載してお得に購入してください★