白髪染めトリートメントの成分に含まれる加水分解ケラチンを解説します。

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

加水分解ケラチン

タンパク質のケラチンを、加水分解して得られるポリペプチド(多数のアミノ酸がつながってできた化合物)です。 ケラチンは毛髪・皮膚・爪に含まれるタンパク質で、水分を多く含む繊維状の物質です。 一般的には加水分解ケラチン液とも呼ばれ、ケラチンタンパク質を加水分解して得られたポリペプチドの水溶液のことです。 目的:保湿剤、皮膜剤、界面活性剤 効果:肌荒れ防止、保護、保湿 加水分解ケラチンには、髪内部の繊維質を補強する効果があり、ハリ・コシを与える効果があります。 ですので、弱った髪、弾力の無い髪に効果的です。 コンディショニング・肌荒れ防止目的でも配合されます。肌や体への刺激性は低い。 ケラチンの主成分となるアミノ酸は、L−システインで、育毛にはこのアミノ酸を含む食品をとることも大事だと言われています。