白髪染めトリートメントの成分に含まれるヘマチンを解説します。

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘマチン

ヘマチンとは、血液中のヘモグロビンを分離させて得られる有機鉄錯化合物です。 ヘマチンはグロビンと結合して血液の主成分であるヘモグロビンを形成しています。 ヘモグロビンを電気的にヘマチンとグロビンに分離させます。 ヘマチンは髪の主成分であるケラチンと結合させると、ケラチンがグロビンと分子構造が非常に似ているためとても強力に結合します。 目的:白髪予防、紫外線のダメージから髪を守る、育毛 ヘマチンは酸素を吸収する力が非常に強く、老化や抜け毛を促進する活性酸素を除去してくれる働きを持っています。 本来体内に酸素を運ぶ役割をしているからです。 髪を若々しく保つために有効な成分で、メラニン色素を復元する効果もあるため白髪予防にも効果が期待できます。 安全性は高いので、副作用はほぼ気にしなくて大丈夫です。