最近の白髪染めの種類は、どのタイプ?

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

数年前までは「手軽で安い」が人気

「手軽」「安い」が数年前までは人気だったんです。
人気の理由は、
手間がかからずコツもいらず簡単にできるからであり、
クリーム状やムース状、ジェル状まであり、
しっかり染まってくれるものでした。

 

しかし、安価なのは化学染料を使っているからで、
それが原因で髪や頭皮を傷めてしまった人が多く、
刺激のない成分を使った白髪染めに注目が行くようになりました。

 

美容院ではヘナカラーが人気

美容院では、このヘナカラーが白髪染めとして人気があります。
これはよく染まる上に髪や頭皮に優しいからです。
美容師が白髪染めしてくれるので、
手間やコツは必要ありませんが、費用がかかります。

 

家で白髪染めをするとなるとインドのハーブのヘナを使った白髪染めは、
予想以上に準備が大変だったり、
染める時のコツもあるので、
特に忙しい人には不評です。

 

更には、最近の傾向でいきますと匂いを重視して決められる方も多いようです。
確かに私もあのツンとして匂いは嫌ですし、部屋に匂いが残る気がします。

 

なので、美容院では優しいカラーリング剤としての人気のヘナカラーでしたが、
一時的なものでした。

 

ヘアマニュキアは色ムラに課題あり

ヘアマニュキュアの一番のデマリットは、
黒髪はしっかり染まらないことです。
確かにヘアカラー並みに簡単に手軽に白髪染めができますし、
髪や頭皮に比較的優しいのですが、
黒髪はしっかり染まらないため色ムラができてしまうこともあります。

 

ですので、
勿論白髪と黒髪の割合によって色ムラの有無が変わりますし、
黒髪が多い場合には、
よく染まっている白髪が目立ちます。

 

2015年以降 最近はカラートリートメントが好評!

最近人気なのが白髪染めのカラートリートメントです。
それぞれのデメリットを埋めてくれる存在になります。
埋めてくれるどころかメリットが非常に多いです。

 

毎日トリートメントを使われている方も多いと思います。
その毎日のトリートメントの代わりに白髪染め用のトリートメントを使われている方も多いです。
白髪の問題を解消してくれるのは勿論ですが、
使用前と比べて髪にハリ・コシが出てきて美しい髪を
既に取り戻されている方が多数いらっしゃいます。

 

海藻などの天然染料や美髪成分がたっぷり含まれており、
簡単に染めることができるのでいつものトリートメント剤と同じように使えるのです。

 

安いものなら一本が1000円から2000円で販売されているので、費用もかかりません。
入浴中にトリートメントして、少し放置した後に洗い流すだけなので、すごく簡単です。

 

ビゲン カラートリートメント 公式サイト