白髪染めトリートメントでアッシュに染めることはできる?おすすめの商品は?

MENU

更新2018年3月19日作成

発売後たった5日で完売したマイナチュレカラートリートメントのブラウンの通常購入が再開!!ブラウンは6月下旬の再販で現在予約受付中!第2回生産も売り切れになることが予想されますので早めにご注文を! 当サイトではマイナチュレカラートリートメントの染まり具合・口コミを検証済 マイナチュレ カラートリートメントの「実際に染めてみました!マイナチュレカラートリートメント染まり具合・口コミ評判は?」をご確認ください。

白髪染めトリートメントでアッシュに染めることはできるの?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

そもそもアッシュとは灰色を指しており、ねずみ色のような、くすんだ感じの色がポイントです。
その中でアッシュブラウンやアッシュピンクなど明るさを抑えつつカラーリングをすることで外国人のような髪色に仕立て上げることが可能です。
その一方で繊細な色合いであることから、思ったような色合いにはならないのも事実です。日本人の髪色は赤っぽい成分が多く含まれているためにアッシュカラーで染めようとしても赤っぽさが残ってしまうことが言えます。また暗くしようと思っていても、想像以上に暗くなってしまうこともあります。これらの要素によって、アッシュ系に染めることはなかなか難しいです。

 

アッシュに染めることは可能なのか?

はい。白髪染めトリートメントでアッシュに染めることは可能です。白髪染めトリートメントを手に適量を取り、髪の毛につけて専用のくしでとかしていくと、あとは時間を置いておけば自然とカラーリングができます。商品によって放置時間は異なります。
>>商品別の放置時間を知りたい方は放置時間ランキングをご覧ください。
自然由来の成分を多く含むものを使っていけば、多少頻度が多くなったとしても安心して使えます。美容室で染めるのと値段としてはあまり変わらない一方で手軽にできることや、頭皮へのダメージが少ない点などが大きく、忙しくて美容室の予約などができないという人でも簡単に行えます。

 

おすすめの白髪染めトリートメントは?

特におすすめなのがPOLAグローイングショットです。最大の要因は、アッシュに染め方が手軽である点です。POLAグローイングショットの場合では、シャンプーをした後に適量を手にとって髪全体に塗りこんでいきます。髪全体に塗りこんだら5分放置すればいいという手軽さです。もちろんしっかりと染める場合にはもっと時間が必要ですが、わずか5分放置しておくだけで十分というのが魅力的です。POLAグローイングショットの匂いもフローラル系の香りのため、気分を明るくしながら使っていくことも可能です。他の人に不快な思いをさせることがなく使っていけるのもポイントです。

 

POLAグローイングショットではブラウンとブラックの2つがあり、ブラウンは多少赤みが強く、ブラックはアッシュ系のグレーっぽいブラックです。
アッシュに染めたいという人はブラックを使うことをおすすめします。5分で染まるのは他の白髪染めトリートメントを見てもなかなかなく、とても素早く染められます。
また白髪染め特有の赤みを嫌う人はブラックを用いることで自然な色合いに見せられるのでおすすめです。あとは手に染まりやすいことがあるので、素手でやる時には注意が必要です。適度に使えるため、生え際などを素早く染めたい場合などにも使いやすく、生え際の白髪が目立つ際に使うというのも1つのやり方です。

 

もちろんこれだけがPOLAグローイングショットの魅力ではなく、自然由来の成分を多く使っているのもポイントです。
頭皮の環境を整えないことには話になりませんが、POLAのオリジナル成分であるパウダルコ樹皮エキスが配合されており、頭皮の環境を整えさせます。黒米から抽出された黒米エキスでは髪の毛に潤いを与えていくため、髪の毛のダメージを最小限に食い止める効果が期待されます。他にもアミノ酸やセラミドなどの補修成分や多くの美容成分を配合しており、肌に優しい状況でアッシュに染め上げていくことができるようになっています。
>>グローイングショットの口コミ情報はこちら

 

白髪染めトリートメントを選ぶ際の注意は、どれだけ自然由来の成分を多く使っており、頭皮へのダメージが少ないかという部分です。
アッシュカラーは元々色が落ちやすいのが特徴であり、ケアを念入りにしていくことが重要です。そうしないと色だけがどんどん落ちてしまい、明るさや色味がなくなってしまいます。その一方で赤みが気になってしまうケースが多く、美容室でなんとか修正をしようとしても赤みがとれにくい問題があります。アッシュに染めたい場合は特に長い髪の毛の人ほど長くその影響を受けやすいことがあるため、白髪染めトリートメントを選ぶ際には赤みのあるものをできるだけ選ばないことがおすすめです。

 

その一方で塗り残しがあるとなかなか染まりにくい問題もあります。白髪染めトリートメントは普通のヘアカラーに比べて多少色の吸着力は落ちるため、結果的に染まっているところとそうでないところに分かれる傾向にあります。手につく問題などもあるため、アッシュに染め上げる場合には100円ショップで売られているような手袋を用いてトリートメントを行うことが大事です。こうすれば手についたものがとれにくくて大変ということもありません。もっとも大事なのは白髪染めトリートメントに書かれた方法を忠実に守ることであり、そうすることできれいに染められます。

 

POLAグローイングショットのブラックを使えば、よりきれいなアッシュ系の髪色を手にすることができます。また他の色を試したい場合にも自然由来の成分や赤みが少ないかなどを十分に確認し、細心の注意を払って調べておくことが大事です。

 

>>【POLA】グローイングショットの魅力をもっとみる

★当サイト総合人気記事ランキング★

  当サイトでの人気の白髪染めトリートメントをランキング形式で記載しています!TOP1は!?
  新発売のマイナチュレカラートリートメントの染まり具合【オリジナル画像あり】・口コミ評判を検証し、お得に購入する方法や副作用、当サイト独自情報を掲載しています。
  マイナチュレカラートリートメントは現在2色発売です。ブラウンとダークブラウンの染まり具合の違いって気になりますよね?そんなお悩みを解消するために2つのカラーを徹底比較しております。
  マイナチュレカラートリートメントは現在初回生産終了し、予約販売になっています。でも予約販売ってなんか不安ですよね?そんな不安を解消するために電話調査してみました。
  ルプルプヘアカラートリートメントには良い口コミ悪い口コミどちらもあるのが現状です。その口コミを独自の視点で解説しています!