30代におすすめしたい白髪染めトリートメントの選び方

MENU

更新2018年3月12日更新

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

30代におすすめしたい白髪染めトリートメントの選び方

30代に差し掛かるようになると、多くの人でちらほらと白髪が目立つようになりますよね。
一度できてしまった白髪は染める以外に髪色を戻す方法はないと言われています。
髪を染めるには、一般的な白髪染めと白髪染めトリートメント、白髪染めシャンプーの方法がありますが、一般的な白髪染めと白髪染めトリートメントの違いはご存知でしょうか。
一般的な白髪染めは髪表面のキューティクルをこじあけて脱色し、染色成分を毛髪内部に入れることで色をつけます。そのため髪へのダメージはとても大きいものとなります。
白髪染めトリートメントは、ごく小さな分子の染料を用いてキューティクルを開かずに毛髪内部にもぐりこんで色をつけるか、髪の表面に吸着して色をつけるかといった方法で髪を染めています。そのため髪が傷むことはありません
髪へのダメージを考えると、白髪染めトリートメントを使用するほうがいいでしょう。ここでは、数多く販売されている白髪染めトリートメントを選ぶ際のポイントを説明していきます。

 

30代の人が白髪染めトリートメントを選ぶポイント 成分

まず大切なのは配合されている成分です。
30代以降となると、しっかりお手入れしなければ、髪はだんだんツヤやハリを失ってきます
そのため、染めるだけでなく髪を労わって潤すトリートメント成分がしっかり配合されているものがおすすめです。
例えば、加水分解シルク加水分解ケラチンなどの毛髪補修成分や、アルギン酸ヒアルロン酸などの保湿成分ローズマリーオイルアルガンオイルなどの天然由来のケア成分などが挙げられます。
また、酸化防止剤や防腐剤などは品質を保つために必要なものですが、敏感肌の人は刺激を感じることもあります。肌が弱い人はこれらの成分が配合されていないほうを選ぶと良いでしょう。

 

30代の人が白髪染めトリートメントを選ぶポイント 価格

継続しやすい価格であることも重要なポイントとなります。
一般的な白髪染めは一度の使用でもしっかり色がつきますが、白髪染めトリートメントはうっすらと染まる程度。
通常は、染めはじめの数日間は連続して使用して色をつける必要があります。また、色落ちしやすいため、週に1回などのペースでの使用が推奨されています。
30代で出始めた白髪は、これから長いつきあいとなり、染め続ける必要があります。
あまり高価なものでは経済的な負担が大きくなってしまうでしょう。
月にいくら出せるかを考えて選ぶことが大切です。
>>コストパフォーマンスの分析はこちら
>>コスパランキングはこちら

 

30代の人が白髪染めトリートメントを選ぶポイント 使い勝手・使用感

繰り返し使用するため、使い勝手の良さや使用感の心地よさといったことも気をつけたいポイントです。
ふつうのインバストリートメントのように洗ったあとの髪につけて数分で洗い流せば良いタイプもあれば、髪につけたあと30分から1時間以上待たなければならないものもあります。
30代といえば、仕事や育児、家事に何かと忙しい年代です。
あまり時間をとれない人は、早く染まるタイプを選択した方が良いでしょう。
>>白髪染めトリートメント放置時間ランキング あなたは短い方がいい?はこちら

 

30代の人が白髪染めトリートメントを選ぶポイント カラー

白髪染めトリートメントの中には2色しか用意されていないなど、選べるカラーがほとんどない商品もあります。
もともとの髪色とあまりに異なるカラーで染めてしまうと、不自然に浮いて見えることも。
より自然な髪色にするために、豊富なカラーバリエーションの中から選べるものがおすすめです。
>>白髪染めおすすめトリートメントのカラーを分かりやすく解説!はこちら

★当サイト総合人気記事ランキング★

  当サイトでの人気の白髪染めトリートメントをランキング形式で記載しています!TOP1は!?
  新発売のマイナチュレカラートリートメントの染まり具合【オリジナル画像あり】・口コミ評判を検証し、お得に購入する方法や副作用、当サイト独自情報を掲載しています。
  マイナチュレカラートリートメントは現在2色発売です。ブラウンとダークブラウンの染まり具合の違いって気になりますよね?そんなお悩みを解消するために2つのカラーを徹底比較しております。
  マイナチュレカラートリートメントは現在初回生産終了し、予約販売になっています。でも予約販売ってなんか不安ですよね?そんな不安を解消するために電話調査してみました。
  ルプルプヘアカラートリートメントには良い口コミ悪い口コミどちらもあるのが現状です。その口コミを独自の視点で解説しています!