白髪染めトリートメントの成分に含まれるステアリン酸グリセリルを解説します。

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

ステアリン酸グリセリル

ステアリン酸グリセリルとは合成界面活性剤です。 界面活性剤というと洗剤にも入っていて、髪へのダメージを心配しますよね? 安心してください!この成分は大豆などの植物油脂を合成してつくられた植物由来の成分ですので、安全性も高いです。 人工で作られる界面活性剤とは根本的に違いますので、ご安心ください。 また、界面活性剤の他の用途としては乳化剤としても使用されており、天然で毒性の無い乳化剤として化粧品としても使用されています。 そのため、地肌がかぶれやすかったり、白髪染めをして頭皮へのかぶれやかゆみの経験がある方はステアリン酸グリセリルが含まれている商品をお試しになってはいかがでしょうか? ステアリン酸グリセリルの特徴は髪に潤いと促し、髪をさらさらにします。さらに、頭皮へのダメージも防ぎます。白髪染めのイメージとは全く違いますよね。 ステアリン酸グリセリルは当サイト紹介のトリートメントではルプルプ利尻ヘアカラートリートメントに含まれております。