女性白髪染め 白髪が染まらない原因と対策を徹底解説

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加

白髪が染まらない原因と対策

白髪染め使用したことがある人なら誰でもうまく染まらなかった経験があると思います。

 

そんな悩みを解決できるように原因から対策までをお伝えいたします。

 

目次
@ 製品自体の染色の強さ
A 製品との相性
B 製品の使用方法
C 髪の太さと傷み具合
D 色との相性

 

@ 製品自体の染色の強さ

原因

白髪染めには、管理人おすすめのヘアートリートメントの他にシャンプー、ヘアカラー、ヘアマニキュア、ヘナ、サプリなど、たくさんの種類の製品が販売されています。

 

しかし、それぞれ使われている成分が違いますし、その成分によって染まる強さが違います。

 

さらに、同じヘアートリートメント、同じシャンプーであっても更に細かい分類があるため、 白髪の太さ・白髪の本数にその成分の種類が合っていない可能性があります。

 

対策

特に市販されているものは種類が多いですし、一つ一つの製品で効果が変わってきます。

 

自分に合った選び方、ちょっとお出かけしたい時にすぐに使えるもの等白髪染めをするシーンは様々だと思いますので簡単にまとめておきたいと思います。

 

久染毛剤 医薬部外品
ヘアカラー、おしゃれ染め、白髪染め、ヘアダイ、アルカリカラー、ブリーチ

 

どんな人におすすめ?

 

度でしっかり染めたい、発色をしっかり出したい、1ヶ月ぐらいは長持ちさせたい

 

へのダメージが強い、匂いがきつい、紫外線によって色が少しずつ変わっていく

 

※簡単に言いますと即効性を求める方におすすめです。

 

永久染毛剤 化粧品 
ヘアートリートメント、ヘアカラーリンス、ヘアマニキュア

 

どんな人におすすめ?

 

や頭皮への負担が少ない、パッチテストは基本的に必要ないと言われている、染色が自然、一度でしっかり染めたい、発色をしっかり出したい、1ヶ月ぐらいは長持ちさせたい、染色と同時に髪にハリやツヤを与えたい

 

膚や爪に着色する場合があるので注意が必要

 

※簡単に言いますと、髪や頭皮が気になる方におすすめです。 

 

時染毛料 化粧品
カラースプレー、カラースティック、カラークレヨンなど

 

どんな人におすすめ?

 

ャンプーで落とすことができる、全体的にでも部分的にでも使用できる

 

類には注意が必要、汗などで色落ちする可能性はある。

 

※簡単に言いますと、一時的に染色したくてシャンプーですぐ落としたい人、ヘアカラーで皮膚に異常を感じたことがある方におすすめです。

 
 

A 製品との相性

ここで言う製品との相性は、製品と白髪の相性ではありません。

 

原因

白髪染めがキレイに染まらない原因は、その製品が自分に合っていないというより普段使用しているシャンプーに原因がある場合が多いです。

 

簡単に言いますと、相性の悪いシャンプー(シリコンシャンプー)を使用すると白髪染めの効果をします。

 

市販されいるシャンプーはほぼこれに当たります。
シリコンシャンプーと白髪染めの相性は最悪といっていいでしょう。

 

対策

対策は2点です。
まずはノンシリコンシャンプーを選んでください。
そして洗浄成分を見てください。

 

要は洗浄が強いか優しいかになりますが、洗浄力が強いラウリル硫酸のものは髪や頭皮の負担も大きいですし、髪や頭皮に必要なものまで落としてしまうので白髪染めに適しているとは言えません。

 

白髪染めの効果は弱くなりますし、色持ちも当然悪くなります。
洗浄力が優しいアミノ酸系ノンシリコ
ンシャンプーを選んでください。
刺激が少なく頭皮にも優しいです。皮脂や潤いなど髪や頭皮に必要なものまで落とさないので乾燥肌の方でも大丈夫です。

 
 

B 製品の使用方法

 

原因

製品によって使い方は様々です。
シャンプーする前に使うもの、シャンプーーした後に使うもの、使用頻度、経過時間など本当に様々です。
新しい商品や商品を変えた人でもマニュアルを知ろうとせず正しい使用方法でなかったりすると染まらないケースも多いです。

 

対策

説明書をしっかり読んで使用してください。
美容院でやってもらうようにキレイに染めたい方も多いと思います。
実は市販の商品でも美容院の商品でも成分に関してはそこまで変わりません。
要は使用方法です。

 
 

C 髪の太さと傷み具合

 

原因

黒髪よりも白髪の方が太いケースが多いです。
傷み具合に関しても傷みが強いほうが髪への染色の浸透が入りやすいため白髪染めの効果は痛んでる方のほうが染まりやすいと言えます。
同じ製品を使用しても傷みが少ない健康な方のほうが染まりにくいです。
ただ髪があまりにも傷みすぎて逆に染まりにくくなるケースも例外としてあります。

 

髪質によっても染まり度合いが変わることもあります。細い髪質でパーマがかかりやすいような細い髪の方は染まりやすい傾向にあります。
キューティクルが整っていてパーマがかかりにくい硬い髪の方は染まりにくい傾向にあります。

 

対策

商品によっても様々になりますので、ここでは口コミでよく工夫されてる方の例を一部あげておきたいと思います。

 

・塗布量を多めにする
・ラップで巻いてみる
・放置時間を長くする。目安は長くても20%ほどになると思います。
・ワントーン明るい色を選ぶ
・染める順番を考える。 よく染まってほしい部分からやり始める。

 
 

D 色との相性

 

特に希望がなければできるだけ暗い色を選ぶほうが染まり具合は良いです。
基本的にヘアカラー以外の製品は明るい色を出すことは簡単ではありません。

 

なので、ヘアカラー以外の製品を選ぶ場合は、できるだけ暗い色を選ぶと染まりくい問題は解消されていきやすいです。

 
★当サイト総合人気記事ランキング★
  当サイトでの人気の白髪染めトリートメントをランキング形式で記載しています!TOP1は!?
当サイト人気NO1のルプルプを実際に使用したレビューを記載しています!
ルプルプには良い口コミ悪い口コミどちらもあるのが現状です。その口コミを独自の視点で解説しています!

市販で購入できる白髪染めトリートメントランキング

意外と人気がある市販で購入できる白髪染めトリートメントをランキング形式で記載しています!Amazonで買う方が意外と安かったりして!?

白髪染め トリートメントはどこで買うのがお得?

人気の白髪染めはどこで購入するのがいいのか?Amazon?公式サイト?楽天?それぞれの価格を記載してお得に購入してください★